製菓の専門学校で腕を磨く!【食に携わる仕事がしたい】

製菓の専門学校を卒業すると職業選択の幅が増える!

製菓の専門学校で腕を磨く!【食に携わる仕事がしたい】

スイーツ

取得できる資格

製菓の専門学校に通うと、コースにもよりますが、調理師免許や菓子製造技能士、食育インストラクター、製菓衛生士などの資格を取得することができます。

スイーツ

目指せる職業

学校を卒業した後、調理師やパティシエ、フードコーディネーターなどの職業に就く人が多いでしょう。また、資格を活かしてクッキングスクールで講師を勤める人もいます。

パティシエ

学費

製菓の学校の場合、1年間にかかる学費は18万円くらいが一般的です。傷害保険に入る場合や、実習にかかる費用は別途追加でかかることもあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

人気の職業ランキング!食に携わる職業編

お菓子
no.1

シェフ

調理師や板前などと呼ばれることもあり、幅広い場所で活躍できるため、1番人気のある職業になっています。調理だけでなく、仕入れや店舗の衛生管理なども行うことがほとんどでしょう。

no.2

パティシエ

様々なお菓子を作る仕事で、細かい作業もあるため手先の器用さが求められるでしょう。オリジナルのお菓子をつくることもあり、やりがいがある仕事と言えますね。

no.3

フードコーディネーター

飲食店のメニュー開発に携わることが多く、盛り付けや食器などの演出なども行います。また、利益を出すために販売促進やマーケディングなどの知識も必要になります。

no.4

ショコラティエ

チョコレートを専門的に扱う菓子職人で、チョコレートそのものだけでなく、チョコレートを使った焼き菓子など幅広いお菓子を作ります。パティシエと同じく、独創性や美しい見た目を問われるでしょう。

no.5

栄養士

主に学校や病院で働きます。食の提供や企画を行い、人々の健康をサポートする役割があります。栄養や食品衛生などに関する知識を用いて、食を楽しめるような献立を考える必要があるでしょう。

広告募集中