バリスタの資格取得の方法を考えてみよう!

ウーマン

専門学校の種類が幅広くなっている

現在、専門学校には色々な種類があります。定番の製菓や調理以外にも、旅行関連やバリスタ関連のコースなどがあり、専門的なことを学ぶ人が増えていると言えるでしょう。また、夜間の学校もあることから、仕事と両立しながら通う人もいます。

鉛筆

コーヒーは専門的な知識が必要

コーヒーは淹れ方以外にも、豆の種類・特徴、エスプレッソマシンの扱い、コーヒーの味などを覚えなくてはいけません。実際にカフェで働いて勉強することも可能ですが、専門学校などに通えばプロの知識や技術を学ぶこともできます。

コーヒーマシン

資格取得の必要性

特別な資格を取得しなくてもバリスタとして働くことは可能です。しかし、バリスタライセンスを取得しておくと、即戦力になれるだけの力があると証明できます。バリスタに関する資格は、スクールに通うのが近道でしょう。

資格の種類を比べてみよう

コーヒーマイスター

コーヒーマイスタ―養成講座を受講する必要があり、認定試験に合格したら取得できます。養成講座を受けるためには協会に入会していないといけないため、取得したいなら個人会員として入会しましょう。

バリスタライセンス

コーヒーマイスターとは違う協会が認定する資格ですが、多くの専門学校で採用されているため、学校に通えば取得しやすいでしょう。学校のカリキュラムを修了するか、1年以上カフェで働いた経験が必要です。

実際の声を参考にする

バリスタの勉強をする人の多くが、カフェで腕を磨きながら自分で勉強するか、学校で学ぶかのどちらかです。実際に学校に通った人の声を確認して、参考にしてみるといいでしょう。

[PR]バリスタの資格が欲しい!
カフェ経営の夢を叶えよう♪

専門学校でコーヒーを学んだ人の声

プロの技術を見られて嬉しい

なかなかプロの技術を目の前で見る機会がないので、学校の授業で見られたのが嬉しかったです。とても貴重な体験ができたと思います。

店舗経営についても学べた

コーヒーに関する知識だけじゃなくて、店舗経営に関することも学べたので、仕事にもすごく役立っています。独学だとここまで勉強できなかったと思います。

実践力を身につけられた

授業の特色として、実践することが多かったので、自分で勉強するよりも実践力が身につきやすい環境でした。卒業後、カフェで働いていますが、店長にも褒められるくらいです!

本格的な設備で勉強できました

プロの人が使うのと同じ設備で勉強することができました。そのため、卒業後も戸惑うことなく働けています。本格的なもので勉強していてよかったです。

お客様の笑顔が嬉しいです

学校で勉強したあと、カフェで働いています。ラテアートが得意で、出来上がったものを見たときのお客様の笑顔がとても嬉しいです。

広告募集中